虫達の声が聞こえる。

大須店の開店準備の途中、入り口の敷物を置く凹みに虫がいて、
段差が登れなくてうろちょろしてるのが気になりました。
かがんで思い切り息を吹いて出してあげようと思ったのですが、段差に引っかかって出れず。
一旦店内に戻って適当な紙を持って戻ったら目の前にオジイさんが居ました。

そのオジイさんが突然、あんたは虫が嫌いか、と聞かれたので全然大丈夫ですよって答えたんですね。
虫を触れないのか、と聞かれたので、触れますよって言って、持ってきた紙に手で虫を乗せました。
オジイさんは、その虫踏みつぶさないのか、殺さないのか、って聞いてきて、
僕としては、このまま凹みにマットを引いちゃうと虫が潰れちゃうから、
虫を凹みから出したかったんですね。
だから、殺さないですよ生きているじゃないですか、って言ったんですね。
それに対してオジイさんは、あんた子供は居るか、子供は好きか、って僕に聞いてきて、
僕は子供好きですけど子供はいないと答えたんですよ。
そしたら、オジイさんが、
「近頃は残忍な人間が多い。あんたみたいな人は珍しい。頑張りや。」
と言い残し、去って行きました。
よっしゃ、頑張ります。

その話しをカシワギ店長にしたら、そのオジイさんは虫の化身だ、と言っていました。
流石店長、何でも知ってます。

近頃、雨風が凄く強い時ありますよね。
目の前に居た身なりの綺麗な女性の傘が風でひっくり返ったりしてて、
あらら、って思います。

僕は傘が引っ繰り返ったり吹き飛んだりしたくないので、
鍔の広い帽子に雨合羽に長靴作戦で雨風をしのぎます。
状況に合わせて洋服選びをする事は大人の身だしなみ。

不意の水たまりも気にせず行けます。
これぞ大人の、

たしなみ。

雨の日屋内を歩いていると前の人の傘が自分に当たりそうな時とかあります。
そういう所に気を使いたいです。子供に当たったら危ないぞ。

火曜日は朝からまたモトクロス・インターナショナルに荷物取りに行きました。
準備出来てますよ。
それから家に帰って夜まで熟睡しました。

最近の大須店は入り口の扉全開にしています。
いらっしゃいませ。
気持ち良いですよね。風が強い日は出来ないのですが、今の季節は凄く気持ち良いです。

修理途中で差し入れ頂きました。ありがとうございます。
カシワギ店長位になるとお客さんから焼きそば頂いちゃってましたからね。
良いな、焼きそば。

大須店でもグラインダー使います。棚の作り替えしてます。

コメントを残す