ジテンシャデポ高岳店(タカオカテン) オープン準備に参加する

DSC_2402 滋賀県から愛知県に向かう道中の様子。運転はA君に任せて気楽な僕は助手席で写真撮影。高層ビルが見えてくると、名古屋に来たって感じがします。 DSC_2403 これが準備前の店内入口。コンビニの跡地だと聞きました。 DSC_2404 ホッタさんの記事に書いてあった洋食屋さん。子供の頃によく連れていってもらった「洋食の店 自由軒」を思い出します。 高岳店の看板が見えてることからも分かるように、とても近い。ちょっとばかし近所をブラブラしてみたんですが、エジプト料理店「ツタンカーメン」は発見出来ませんでした。 DSC_2405 まずは什器や棚を組んでレイアウトを決め DSC_2406 商品を準備し DSC_2408DSC_2409 概ね8時間程でしょうか、ある程度売り場は形になりました。 DSC_2411 卸業務担当のW君は電池切れの模様。 DSC_2413 目の前に大きな交差点があるので、渡ったところから撮影してみました。なかなか目立ちます。 撮影はし損ねたのですが、店前の道路には自転車道が整備されていたことに感銘を受けました。これからどんどん増えて、自動車・自転車双方にとってより走りやすい環境になると良いですね。 DSC_2415 準備作業が終わり名古屋スタッフと暫く談笑した後、僕とA君は次の目的地へ。 高岳店がオープンはしていない現時点においては最も新しい店、「ジテンシャデポ 大須店」への突撃訪問。 カシワギ店長がbikkeらしき自転車にお子様を乗せた女性のお客様のお見送りをしている最中に大須店に到着。暫くお客様の背中をお見送りして店内に戻る・・・と思いきやまた出てきてお見送り。傍目から見てると完全にお客様は見えなくなっていたように見受けられたのですが、有り余る「残心」がカシワギ店長を2度目のお見送りに誘ったのだろうか?滲み出る店長の人柄の良さ、そんなものが垣間見えた瞬間。 カシワギ店長とは忘年会で顔を合わせることもあるのですが、ホンジョウ先生とは電話やメールのやり取りはたまにあるものの5年前位に高針店へお手伝いに行ったきりなので忘れてるだろうな、なんて思いながら入店。この時点ではまだ誰にもバレていない。 案外長い間バレずに居れるんじゃないかなと思ってたのですが、カシワギ店長には通じなかった模様。忘れられてなくて良かった。 DSC_2416 茶色のエプロンと長髪がトレードマークのホンジョウ先生。boardwalkをお持ち込みのお客様からご指名いただいているのを目の当たりにし、商品と共に「人柄」をお買い上げいただいたんだろうなと仲間として嬉しく感じました。 電話ではちょくちょく話すこともあるこのホンジョウ先生、僕よりもかなり年下なのですが、そこはかとなく周りに影響を与える何かを持ってる、そんなシティーボーイ。少なくとも僕は何か影響を受けています。 DSC_2417 DURA-ACEのヘッドセット、トムソン マスターピースのポスト、7800系DURA、ディスクホイールとエラい気合入ってるこのSTORCKはアシトミックス号とのこと。シャイな好青年という印象を受けたアシトミックス、まだ若いのに良い趣味してるぜ。 具体的に何が、って言われると答えられませんが行って良かった大須店、まさに期待通りかそれ以上。触発されるものがありました。大須店に限らず、多少贔屓目はあるにしても実店舗スタッフは傑物揃いだなーと感じます。別に戦ってるわけじゃありませんが、負けてられないな。 DSC_2420DSC_2421 そして名古屋から滋賀へ。A君、運転お疲れさま。 既にイシハラ店長によって告知しておりますが、ジテンシャデポ5店舗目となる高岳店は7月末オープン予定です。お近くにお住まいの方もそうでない方も、お気軽にお立ち寄りいただけると幸甚です。 ]]>

コメントを残す